よくあるご質問

一般財団法人グローバル人材開発に関する質問

Q1 「一般財団法人グローバル人材開発」とは何をしている財団ですか

A1 日本の次代を担う、グローバルな視点・価値観をもった人材の創出を推進していくことを目的としています。詳細については財団・概要をご覧ください。

Q2 「グローバル人材」とはどういう人を言うのですか

A2 「グローバル人材」を定義するのは容易ではありませんが、「一般財団法人グローバル人材開発」としては、分野に限らずグローバル社会で個人が持てる知識、技術を生かして社会の一員としての役割を十分果たしていける人材と考えます。詳細については財団・概要 4.理事長からのメッセージをご覧ください。

Q3 グローバルとインターナショナルは違うのですか

A3 グローバルとインターナショナルは混用されている場合もありますが、インターナショナルは日本語では「国際」であり、ある国が前提にありそこから国を隔てた関係です。一方、グローバルは日本語では「地球」ですから、ある国の想定なしに地球規模的に考え、行動することを指します。
ビジネスの分野での例では、インターナショナルでは日本に本社があり、海外諸国にグループ会社がありますが、マネージメントは日本から派遣し、かつ製造等の会社の基準は日本本社の基準をその国の言語に訳したものと言うことが想定されます。グローバルでは例え資本構成が日本が大きかったとしても本社は地球上の最適な場所に置かれ、各国のグループ会社もマネージメントはそのグループ会社に最適な人材がにない、会社の基準も根幹は統一されていますが地域の状況を勘案した自主的な基準が想定されます。

業務内容についての質問

Q1 業務を依頼するにはどうしたらよいですか

A1 財団の三つの事業内容をご覧になり、業務のご照会、依頼をお考えの場合はお問い合わせのフォームにご記入願います。業務内容に応じて財団からご返事いたします。

Q2 講演・研修などを依頼したいときはどうしたらよいのですか

A2 上記の業務のご照会・依頼と同様にお問い合わせのフォームにご記入願います。可能でしたら「内容の概略」、「時期及び期間」等もご記入いただければ幸いです。必要に応じて財団からご返事いたします。

Globishについての質問

Q1 Globishは英語とは違うものなんですか、あるいは対立するものですか

A1 Globishは英語を否定するものではありません。英語は立派な歴史や文化を持った素晴らしい言語です。日本語やフランス語、ロシア語、中国語、、、、どの言語もその背景とともに尊重されるべきです。したがって、英語とGlobishを比較する意味は全くありません。英語が堪能な方、しかも母国語でなく習得された方は尊敬されるべきであり、英語を語学として学習・研究するのは、それは価値のあることです。

Q2 Globishの目指すものはなんなんですか

A2 Globishはあくまでもコミュニケーションのためのツールにすぎません。特に非ネイティブの方が簡単に学習し、世界中の人とのコミュニケーションをするための道具として有益だと考えます。特にビジネスマンにとっては、グローバル社会で求められるのは、専門の知識や技術、経験などであり、英語を完璧にマスターすることに時間やエネルギーを割くのではなく、専門分野でのエキスパートを目指せば良いのです。コミュニケーション、意思疎通の道具と割り切れば、英語に苦しむ必要はありません。パソコンでインターネットやメールを使うために、ITの専門家になりハードウェアの技術やプログラミングを学ぶ必要はないのと同じです。

Q3 Globishはどんな人が学ぶとよいのでしょうか

A3 GHDJが推奨するのは、もしあなたが“現在英語をマスターしておらず、急に海外とのやり取りの必要性がでてきた”“これまで英語を使う機会を持たず学生時代に学んだこともすっかり忘れてしまった”という数多くのビジネスパーソンならば、Globishで十分通じる、という自信を持てばよいと考えます。グローバル社会の中では、もはや英語のネイティブでない人達が使っているコミュニケーション・ツールであります。相手がネイティブであっても、非ネイティブであっても、全く問題なく通用します。ビジネスで必要なのは語学力をひけらかすことではないので、意思疎通ができること、相手が理解できるように話すというのは、ビジネスパーソンなら誰でも配慮するものです。非ネイティブが混ざっている状況であれば、会議も「Globishを使う」というルールの中で行うことは、全員が対等に参加できることになります。

Q4 英語は初級程度なんですが

A4 英語初級者と思っている人は、Globishではかなり話せるレベルですし、1500単語と基本的なルールを理解すればGlobishをマスターしたことになります。グローバル社会で成功するかどうかは、英語力・グロービッシュ力ではなく、仕事の上での力量次第です。

Q5 もっとGlobishについてもっと知りたいのですが

A5 このHPに掲載のGlobishとはGlobishルールご覧ください。

ページトップへ



Globish
The World Over
Jean-Paul Nerrire
Devid Hon


世界のグロービッシュ
1500語で通じる驚異の英語術


1500語で通じる非ネイティブ英語
グロービッシュ[入門]
中経出版


グロービッシュ1500ワード
iPhone App


誰でも簡単ビジネス英語
40分で学ぶ
「グロービッシュ」の極意

白崎善宏 著