財団概要・組織

1.設立趣意

日本の国際化の必要が叫ばれて久しい。しかし、同時に日本の経済縮退論もいわれ、若者の国内指向も顕在化してきた。この「縮退する日本」を活性化し、世界を活動の場とする日本の国際化は、将来にわたって、日本が繁栄を維持するうえで必須である。
日本はその強みである技術立国の評価を基本に、地球目線での環境・エネルギー、経済立国をめざすべきである。

一方、日本の高度成長期を担い、主として海外で活躍した団塊の世代、「日本の知財」であるシニア人材が “早すぎる定年” という制度の中で埋没しようとしている。
グローバル人材開発(GHDJ)は、この日本の知財のもつ国際的な視点・経験・価値観を、次代を担う若者、中小企業の次世代経営者と共有・促進することにより「真にグローバルな日本人」を育成し、世界と共に繁栄を目指すことを目的とする。

2.GHDJの概要・組織

設立 2010年5月16日 一般財団法人グローバル人材開発
財団住所 〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目8番23 高善ビル4階
HP http://www.ghd.or.jp/
お問合せ info @ ghd.or.jp
※迷惑メール対策のため@マークの前後にスペースを挿入しています。
スペースを消してご連絡ください。
役員 理事長 白崎 善宏
理事 
理事 七沢 英文
理事 鏡 俊一
理事 配島 亮
監事 長瀬 淑子

理事長プロフィール

白崎 善宏 (しらさき よしひろ)

1966年 早稲田大学理工学部電気工学科卒、千代田化工建設株式会社入社
入社後、制御システム・エンジニアーとして海外のプロジェクトを担当。2年目の68年には革命前のイランに一年余赴任。73年に海外コントラクターとのJV業務担当としてロンドンに2年余赴任。75年には建設現場のアブダビに1年余赴任。いずれもLNG ,LPGを生産する天然ガス・プラントの設計・建設を主に担当。次にプロジェクト・マネージメント業務が主体で88年にはマレーシアにPMとして2年半赴任。その後はエンジニアリング全体の管理・IT化推進の分野に移り97年に取締役・プロジェクト・エンジニアリング本部長。さらに05年に常務取締役兼執行役員・業務統括として国内外の調達を担当。07年顧問。09年退任。この間千代田関連会社のインド、フィリピン、シンガポール法人の役員を兼務。
2010年5月 一般財団法人グローバル人材開発を設立 理事長

その他の活動
早稲田大学理工学部電気工学科・非常勤講師(1975,77−81年度)
プロセス計装技術協会(IPC)会長 (1996年−97年度)
(財)エンジニアリング振興協会・安全法規委員長(1999年−00年度)

3.GHDJの事業内容

日本の次代を担う、グローバルな視点・価値観をもった人材の創出を推進していく。そのため、関連する次の事業を行います。

  1. グローバルな人材開発のための教育・研修及び人材紹介
  2. 資源・エネルギー及び環境分野における国際技術協力
  3. グローバルなビジネス開発事業の支援
  4. ナレッジマネージメント支援
  5. 国内外における医療サービス及び医療情報の提供
  6. 上記各号に関する教材、ソフトウエア等の開発、制作・出版など関連事業とコンサルティング

4.理事長からのメッセージ

「グローバル人材開発」の設立にあたって

日本でグローバル化の必要がかなり前から言われ、その中でも「グローバルな人材」を 必要とすると言われています。2010年の春に日本経済新聞主催で「世界一、世界人が多い日本」のアイデアを大々的に募集していました。「世界人」の定義 は定かではありませんが、「グローバルな人材」と読み替えもいいでしょう。すなわち、アイデアの募集が必要なほど、必要なことは分かっていても、「グローバルな人材」が不足し、育成・創出していくことが困難であることを物語っているのでしょう。

まず、「グローバルな人材」とは一体どういった人材を言うのでしょう。まず考えられるのはグローバルなビジネスを日々行っている人材がイメージされると思います。もちろん、ビジネスに限らず、大学や研究機関で 活動する学術関係者、また音楽や絵画またやスポーツ等で世界を股にかけて活躍する人も「グローバルな人材」と言えましょう。また、こうした人材が活躍する 場所も必ずしも海外である必要はなく、国内でもそうした「グローバルな人材」が活躍する場はますます増えています。

「グローバルな人材」と言うと、世界の中でも例えばアフリカの比較的に僻地で、現地に溶け込んで長く滞在して活躍しているような人をイメージする人もいるかと思います。もちろん、こうした方々も「グローバルな人材」と言えますが、私たちが考える「グローバルな人材」はこれから21世紀にグローバル化した社会で、分野を限らずグローバルな視点で活躍できる人材であります。

グローバルな視点で活躍できる人材とは、単に世界に通用する高い技術をあるいは技能を持った人と言うより、必ずしも日本人に限らず、世界に付き合う 相手がいる、また場所も日本だけでなく世界の中、すなわちグローバル社会で個人が持てる知識、技術を生かして社会の一員としての役割を十分果たしていける 人材と考えます。

「グローバルな人材」の中でも大学や研究機関で活動する学術関係者、また音楽や絵画またやスポーツ等の人たちがグローバル活躍するには、むしろ固有の技術、技能そのものの依存する側面が強いので、私たちは、より一般的にグローバル・ビジネスで活躍できる「グローバルな人材」の育成・創出に焦点を合わせていきます。

2010年5月吉日

一般財団法人 グローバル人材開発
理事長   白崎 善宏

ページトップへ



Globish
The World Over
Jean-Paul Nerrire
Devid Hon


世界のグロービッシュ
1500語で通じる驚異の英語術


1500語で通じる非ネイティブ英語
グロービッシュ[入門]
中経出版


グロービッシュ1500ワード
iPhone App


誰でも簡単ビジネス英語
40分で学ぶ
「グロービッシュ」の極意

白崎善宏 著