環境・エネルギー事業支援

ODAとは

開発途上国の社会・経済も開発を支援するため、各国の政府はじめ、国際機関、NGO,民間企業など、さまざまな機関や団体が経済協力を行っています。これらの経済協力うち、各国政府が開発途上国に提供する資金や技術を政府開発援助(Official Development Assistance: ODA)といいます。

ODAはその形態から、二国間贈与、二国間政府貸付等、国際機関への出資・拠出(多国間援助)の3つに分けられます。
当財団は、このうち、二国間贈与や二国間政府貸付等に伴うプロジェクトの形成、協力のための準備調査やプロジェクトの実施の管理や評価など技術協力を中心としたプロジェクト支援を行います。

技術協力は、開発途上国の社会・経済の開発の担い手となる人材を育成するため、日本の技術や技能、知識を開発途上国に移転し、あるいは、その国の実情にあった適切な技術などの開発や改良を支援するとともに、技術水準の向上、制度や組織の確立や整備などに寄与するものです。具体的には、開発途上国の技術者や行政官に研修の機会を提供する技術研修の実施、専門的な技術や知識を持つ専門家やボランティアの派遣、都市や農業、運輸など各種の開発計画の作成や資源の開発などを支援する開発調査、災害時の被災者の救援や災害復旧の支援などがあります。

ページトップへ



Globish
The World Over
Jean-Paul Nerrire
Devid Hon


世界のグロービッシュ
1500語で通じる驚異の英語術


1500語で通じる非ネイティブ英語
グロービッシュ[入門]
中経出版


グロービッシュ1500ワード
iPhone App


誰でも簡単ビジネス英語
40分で学ぶ
「グロービッシュ」の極意

白崎善宏 著